UMIDIGI BISON X10レビュー

UMIDIGI BISON X10

皆さんこんにちは!
管理人のでぃすこです!

さて、なんと今回はいつもスマホをご提供いただくUMIDIGI様より、
ブログのレビュー依頼をいただきました。
動画では普段からレビューをして入るのですが、ブログでは初めての試みというか、ご依頼だったのでうまくできるかは心配ですががんばります。

さて、まずはじめに特徴的なのはUMIDIGIさんの黄色い箱ですね。

UMIDIGIさんのいつもの黄色い箱

UMIDIGIさんはどの機種も同じ箱で梱包しているようで、
これが格安でスマホを提供できるコストカットの一貫なのかも知れないですな。

箱背面にはスペックが載っていました。

スペックシート

かいつまんだ部分でご説明していきますと、

CPU:Helio P60 8コアのCPUですね。
メモリ:4GB
ストレージ:64GB
カードスロット:デュアルシム・マイクロSDカード
画面解像度:720*1600

という感じでしょうか。

実は過去にUMIDIGIさんからはBISON Proというスマホをご提供頂いていたのですが、その搭載CPUはHelio G80でした。
Helio P60 と G80ではG80の方が若干ながらスペックは上に位置しているので、
今回の機種はBISONシリーズの中では入門機的な位置づけなのかもしれないですな。

そしてやはりUMIDIGIさんといえばコストパフォーマンス

BISON X10の価格

今回ご提供頂いたBISON X10は確認した現在セール中でお値段なんと16000円くらい。
まじで安い。というかこの価格で果たして利益って出てるんですかね?

ちなみに今回の商品リンク
http://alii.pub/608grz

で、本機種当然BISONシリーズなので、そのタフさが最大の魅力というか、
本機種の全てはそのタフさに詰まっていると行っても過言ではないでしょう。

UMIDIGI公式サイトの画像

防水、防塵等級がIP68 IP69Kということで、
この等級は普通に水の中で使用ができる。また防塵性能に関しても、
内部に粉塵が全く侵入しないと、まさに鉄壁。

水中撮影対応

公式サイトでも、BISON Proのときもそうでしたが、明らかに海中撮影ができることを強くPRしています。

ということで、前置きはこの辺にしておいて具体的な機種紹介に入りますと、

本体付属品

箱を開封して出てきたのは本体、充電用のUSB-C、充電器、説明書。

まさにUMIDIGIさんらしい、シンプルなスマホの必要最低限の機器という感じ。

背面カメラ

背面にはトリプルカメラ+フラッシュ。
小さな穴が空いており、外部マイクなどになっているようです。

起動するとBISONの文字

起動するとBISON Pro同様にBISONの文字。
搭載Androidは11となっております。

日本語も対応

日本語も対応しており、当然技適も取得済み。

ちなみに本体のサイズ感としては

BISON X10とiPhone SE2

私のメイン端末であるiPhone SE2と比べて、横幅は1まわり、
縦幅は3まわりくらい大きい印象ですね。

本体重量は280g

本体重量に関しては、スマートフォンの中でもかなりヘビー級な
280gとなっております。まあタフさが売りなので、
ここが逆にすごい軽いとかだとちょっと怖いですからね。

BISON X10とA11 Pro MAX

ちなみに同じくUMIDIGIさんのA11 Pro Maxと比較すると、
サイズはほぼ同じくらい。違いといえば、本体を囲むように
樹脂製のガードが付いているので、若干BISONのほうが大きく感じるくらいですね。

で、本来は公式サイトの画像のような感じで、
山とか海とか、アウトドアに持ち出して使うのが一番な本機種なのですが、
私はインドア派な人間なので、家の中でもできるテストを中心に行いました。

まずはカメラ性能に関して

カメラ撮影テスト

通常のカメラ撮影を試します。
撮影した写真は以下の通り

Bison X10で撮影

次にマクロ。実は私UMIDIGIさんの機種のコスパの真骨頂はこのマクロ撮影に有ると思っておりまして、
今回は付いてきた取扱説明書を撮影してみます。

通常のカメラだと寄れてこのくらい

まず上が私が普段利用しているコンデジで撮影した説明書。
実際寄れてこれくらいなのですが、なんと本機種

マクロモードでの撮影

このレベルで寄れます。
当然マイクロカメラはそこまで画素数が高くないのですが、
撮影した写真は以下の通り。

BISON X10マクロ

最後にベンチマークの定番、Antutuを回しました。
バージョンは8です。
結果は以下の通り。

合計スコア:161513
CPUスコア:58783
GPUスコア:38124
ということで、GPUよりもCPUスコアが高いという結果ですね。

で、最後に日常での使用感なのですが、
Helio G80よりも若干性能が低いP60搭載ということで、
わりともっさり動作を想定していたのですが、これが以外や以外。

ブラウジング、動画視聴などの日常的な用途に関しては、まじでG80と正直遜色が無いレベルで使えます。

お値段の事も考えると、この価格でここまで使えたらかなり十分。
メーカー製のMP3プレイヤーと同じくらいの価格で、
動画視聴やカメラとしても使えるスマホが手に入る。
これぞまさにUMIDIGIさんのコスパの真骨頂ですな。

で、私が思うこのスマホをおすすめしたい方としては、
やはりアウトドアシーンで使えるスマホを求めている方。

例えば、
・バイクに乗りながらナビのスマホがほしい。雨のときでも大丈夫なやつが良い。
・登山や水泳中に持っていられるスマホがほしい。
・旅のお供にサブで一台スマホがほしい

など、アウトドアのお供に使えるタフなスマホを求めている方には、
このBISONシリーズはぴったりだと思います。

ちなみに、私はインドアだと行ったのですが、唯一趣味としてサイクリングを最近はじめまして、そのサイクリング時のナビ代わりにこのBISONを利用しています。

格安シム契約で、通信のみで利用していますが、
用途を絞ればかなり快適。

ただし!

これをスマホゲームをするためのゲーム機として購入するのはすこし辛いかも知れません。
いかんせんCPU性能は入門モデル程度なので、
フレームレート高く快適にゲームをしたい。という方は、
もう少しお金を出してスナドラ700番台位からのCPUがおすすめです。

ということで。今回はUMIDIGIさんよりご提供いただいた、
BISON X10のレビューでございました!
購入リンクは下記に貼っておきます!

購入リンク
http://alii.pub/608grz

カテゴリ一覧

その他
PCパーツ
ガジェット類
雑記帳
レビュー
ニュース
高コスパPCシリーズ
ブログ進捗
便利ソフト紹介
自作ソフト
電子工作
自作ブラウザゲーム
すべての記事
お買い得商品発掘
無線
アマチュア無線
筆者
でぃすこ

動画投稿開始:2019年2月 趣味:秋葉原探索

編集環境:Aviutl+YMM3