今のメインノートの紹介ってよく考えたらしてないよね?

皆さんこんにちは!
管理人のでぃすこです!

さて、ついさっき本当にふっと思い立ったことなのですが、
私過去にいろんなデスクトップとか、ノートとかの紹介(主に中古・ジャンク)をしてきたかと思うのですが、

あれ?よく考えたら今のメインノートって紹介してなくない?

って思ったんですよね。具体的な機種はこれ

Dell inspiron 13 7000

機種名はDell Inspiron 13 7000ってやつです。

13なんでサイズは13インチ。かなり小型軽量なモデルです。

これ確か、DELLさんで今年5月にセールをやってるタイミングで購入価格10万ちょっとくらいで購入したんですが、予想以上にめっちゃんこよくて、正直無効数年メインはこのマシンで行こうと考えています。

DELLさんの中でInspironって、ちょっと廉価なグレードのモデルだと認識してたんですが、思いのほか細部とかもしっかりしてるし良いんですよ。

まず、本体の側面から見ていきますと

本体右側面

本体右側面には、標準サイズのUSB、オーディオ端子、マイクロSDカードスロット。

で、特にみてほしいのは本体のこの薄さ。
マジで薄いんですよ。
で、カタログ値ですが重量0.99Kg。1キロない。

こんな薄型軽量マシンに標準サイズのUSBポートを用意してくれるあたりが本当にありがたいっす。

で、左側面に関しては

本体左側面

左から順に、電源端子、HDMI出力、標準サイズのUSB、USB-C

となっております。
標準サイズのUSBが両側面で2ポートついていることに加え、なんと標準サイズのHDMIも搭載してるんですよね。

私よく家でディスプレイにノートをつなげて資料作成とかしたりするので、
この標準サイズのHDMIがついてるってのがま~じでうれしいです。

またUSB-Cもついているので、最悪端子が足りないなどの事態が発生したら、USB-Cからの変換アダプタをかませることでこれも解決できちゃうという。
まさに0.99Kgにしてはこれ以上ないくらいに充実したPCだと感じます。

あと個人的な萌えポイントとしては、ディスプレイを開くと自動でキーボード部分に傾斜がつくような構造になっておりまして

ディスプレイを開いたところ

これがまたちょうどよく傾斜をつけてくれるんですよ。
構造的に強度は大丈夫なのかな?と思ってはいたのですが、5月に購入してから現在まで、ほぼ毎日仕事に作業にと利用していますが、今のところヘタりなどは一切感じないですね。

と、ここまでは外見部分に関してだったのですが、さらにすごいのは中身。

お値段10万ちょいという価格にもかかわらず、スペックとしては

CPU:i7-1165G7 (4コア8スレッドCPUです)
メモリ:16GB
グラフィック1:Iris Xeグラフィック
グラフィック2:Nvidia MX350
のデュアルグラフィック搭載というロマン仕様!

CPUは4コア8スレッド
Iris Xeグラフィック
Nvidia MX350グラフィック

このデュアルグラフィックのおかげ?かどうかはわかんないんですが、
実はこのノートを購入してから、撮影した動画データのカット編集などの基本的な編集をお外でできるようになったんですよ。
そもそもXeグラフィックは今までのIntelグラフィックの中でかなり性能が高いですし、なおかつNvidiaさんのグラフィックチップ搭載なので、ハードウェアエンコードができる!

性能的にはマジでちょっとしたワークステーションですな。

ただ問題は、やっぱりこれだけのもの積んでるので、バッテリーは5~6時間が限界。
毎日充電は当たり前ですし、何なら外に行って帰ってきたらとりあえず充電。

まあでもこのスペックを持ち歩けて、なおかつ動画の時短作業もできちゃうとなれば、正直かな~りいいマシンなんじゃないか?

と個人的には思っています。

開いたところ

ベゼルもかなり細いですし、ディスプレイもIPSで色味ばっちり!

持ち運んで写真編集とか、簡単な動画編集程度なら余裕って感じのマシンですね。

正直コスパ的には過去に所有してきたマシンの中でもトップクラスなのではないかと感じています。

ということで、今回の記事は私の現在のメインノート、
DELL Inspiron 13 7000君の紹介でした。

どうやらもう販売は終了してしまっているようなので、また何かお得な商品とかを見つけたら記事にしたいと思います!

カテゴリ一覧

その他
PCパーツ
ガジェット類
雑記帳
レビュー
ニュース
高コスパPCシリーズ
ブログ進捗
便利ソフト紹介
自作ソフト
電子工作
自作ブラウザゲーム
すべての記事
筆者
でぃすこ

動画投稿開始:2019年2月 趣味:秋葉原探索

編集環境:Aviutl+YMM3